20170913_iPhone8、iPhoneX、AppleWatch、AppleTV発表

     2017-09-13
      ●単体通信可能なApple Watch Series 3が登場! - 週刊アスキー
     前世代を格安で放出してくれんかなぁ(^^;

    ●ガラス素材になった標準モデルのiPhone 8発表 - 週刊アスキー
    ●アップルがiPhone 8、iPhone 8 Plusを発表 9月15日予約開始 - 週刊アスキー
     マイナーチェンジ&Qi対応って感じかな?Qi対応はうれしいね(^^)う~ん、価格もそこまではないから機種変するならこっちかなぁ…

    ●One more thingで発表されたのはiPhone X!(テン) - 週刊アスキー
    ●アップルがiPhone X(テン)を発表、11月3日発売で税別11万2800円から - 週刊アスキー
     魅力だが価格的にはこっちはまだ手を出せないな。つかホームボタンの代わりが下からスワイプってのはどうなの?今でもコントロールセンターが出てきて結構イラつくんだがなぁ…

    ●新Apple TVも発表 4K+HDR対応で登場 - 週刊アスキー
     どんどん高くなる。これも本当は欲しいがFireStickがあるからなぁ…

    スポンサーサイト

    20170627_ドライブ系の収納ラックを作る

     2017-06-28
     
    CIMG7292.jpg
     iMacが光学ドライブの内蔵を廃止したために光学ドライブを使用するには外付けにする必要が出てきた。以前からBDドライブは使用していたのだが、とりあえず上にスタックできる棚を100均で探してきた結果がこのスカスカ感(^^;ドライブの性質上、卓上に置いたらディスクの取り出しに不便だし邪魔だし。ということでDIYできないかと100均を物色してたらなんかいいもの見つけたので買ってきた。

    CIMG7293.jpg
     元の用途は鍋敷き。ゴムの木で出来ているらしく結構硬い。これにいい具合にスリットがあり、この間の幅が外付けドライブの高さよりちょっと広いくらいだった。そうなるとこれを二つ用意して間に道板を入れてやれば間に3段ドライブを詰め込めるラックが完成するではないか!ということで今度はスリットの高さと合う材料を別の売り場に物色しに行く。

     木工コーナーでおあつらえ向きの角材を見つけた。これはもとからこの用途に使えと言わんばかりのぴったり具合!長さも91センチあるので、こいつを分割して1枚の板にすれば完成するじゃん!ということで材料は全部で4点。占めて432円で収納ラックを作成する。

    CIMG7299.jpg
     ドライブのサイズで角材を分割する長さを調べてこれまた100均で購入したカッター式ののこぎりで切っていく。

    CIMG7297.jpg
     こんなのこぎり便利だわ〜(^^)

    CIMG7298.jpg
     安い角材なので力も要らずにスパスパ切れた(^^)ほんとはやすりで断面を綺麗にするところだが、とりあえず工程を先に進めるために出っ張りだけを簡単に取る。

    CIMG7300.jpg
     仮組み。イメージトレーニングだ(^^)ほぼ想像通り。

    CIMG7301.jpg
     まずは細い棒状の材料を張り合わせて1枚の板にする。木工用ボンドを塗って貼り付け。ずれが無いようにダンボールで作業マットに押し付ける。ま、多少はゆがんでも大丈夫(^^)

    CIMG7302.jpg
     その後、鍋敷きのスリットに綿棒を使ってたっぷりと木工用ボンドを塗っていく。はみ出ても乾けば透明になるし、気になるならウェットティッシュでふき取ればOK。あとはちゃんと並行になっているか、作業マットの格子を利用して調整をかける。で、一晩乾かせば接着は完了。

    CIMG7303.jpg
     滑り止めを貼り付ける。これは以前買ったメディアドライブに付属していたゴム足を利用。

    CIMG7304.jpg
     以前購入していた…これなんて言うんだ?スポンジに粘着テープがついているやつを適度な大きさに切って板に貼り付ける。

    CIMG7305.jpg
     その後、ドライブを差し込む。まだスカスカなので滑り止めを差し込んで動かないようにする。今回はドライブの幅よりも少し広めに角材を切り出したけど、実際はまだ細く出来そうだな(^^)

    CIMG7307.jpg
     下からDVDドライブ、BDドライブをセットして、最上部にメディアドライブを入れ込んで完成(^^)

     意外とこれ使えそうだな(^^)机の色に合わせて塗装してみてもよかったかな?(^^)これで多少見栄えもよくなった(^^)なかなかいい感じなのでこの手のドライブの収納に困ってる方はためしてみては?




    20170621_iMac購入!(導入編)

     2017-06-22
     
    CIMG7269.jpg
     発注から1週間、上海から海を渡ってやってきたぜ!届いてみて思ったのがとにかくでかい!しかも重い!この重量感はデスクトップならではだよな!ようこそ27インチiMac(^^)

    CIMG7270.jpg
     早速箱を開けるとさすがアップル!外箱にもウレタン貼ってあるよ!捨てられないじゃんかw

    CIMG7271.jpg
     取り出した。おお、神々しい…なんせMac買うの10年ぶりなので許せ(^^;

    CIMG7272.jpg
     美しい…どこを見ても美しい…

    CIMG7273.jpg
     さて開封。こんなところに開封用のテープが。しかも取っ手まで用意してある(^^)

    CIMG7274.jpg
     するーっと剥がれていく。

    CIMG7275.jpg
     開いた図。まだ本体は見えず。

    CIMG7276.jpg
     発泡スチロール上部にキーボードとMagic Trackpad2が入った箱があった。

    CIMG7277.jpg
     iPhoneではよく見るけどMacで見るとなんかいいね(^^)

    CIMG7278.jpg
     発泡スチロールを取り外すとやっと本体が出てきた。この不織布のカバーも四方テープで貼ってあるので丁寧に剥がす。

    CIMG7279.jpg
     液晶に貼ってある保護カバーも剥がす。

    CIMG7280.jpg
     やっと完全体になった(^^)

    CIMG7281.jpg
     先程の箱は開けるとキーボードがあり、それを取るとMagic Trackpad2とLightningケーブルやその他アクセサリが見える。

    CIMG7282.jpg
     おなじみのウエスも入ってるし、もったいなくて使うことのないアップルシールも入ってる。簡易なマニュアルもすべてが懐かしい感じ(^^)特徴的なのはUSBケーブルではなくLightningケーブルが入ってることだな、10年で大きく変わったところだな。なんせキーボードにしてもMagic Trackpad2にしてもbluetooth接続だからケーブルなんか充電にしか使用しないんだもんな。しかし、キーボードにUSB端子がなくなったのは少し不便だな。

    CIMG7283.jpg
     Lightningケーブルもなんか高級感があるのは不思議。基本iPhoneとかに付いてるのと一緒なんだけどね

    CIMG7284.jpg
     ちなみに大きさ比較にDXリュウボイジャーを置いてみた。このチョイスは購入した時期に何が放送されていたかを知るいい資料になる(^^;

    CIMG7285.jpg
     で、早速設置して電源投入。まずはMagic Trackpad2の電源投入を促される

    CIMG7286.jpg
     続いてカオナシMagic Mouseの電源投入、今回はBTOにてマウスをMagic Trackpad2に変更したのでない状態で作業を行う。

    CIMG7287.jpg
     LANを使用して移行アシスタントを実行する。

    CIMG7289.jpg
     「残り時間:5時間」をまる1日表示して全然終わる気配がない!このあと、再度実行するも10時間以上たっても終わる気配がなく、取りやめてTime MachineHDDからUSB接続で転送を行い、数時間で約500GBのデータを転送完了した。

    CIMG7290.jpg
     移行前の環境。20インチiMac2007MidとDELLの21インチモニタのデュアル体制だったが

    CIMG7291.jpg
     机のスペースの問題もあるが1台で賄えるようになった。画面の広さがぜんぜん違うわ〜こりゃ快適(^^)ただし、解像度を目いっぱいにすると字が小さすぎて読めないので少し拡大表示にしたがとにかく画面の綺麗さが半端ない。この世にはドットなんか存在しないんじゃないのかというくらい。普通液晶とかってドットバイドットで表示しないと画面が荒くなるのが常識なのにRetinaディスプレイはその常識を超えているので困るwなんせ10億色ですよ!どんだけ色出るんだって(^^;


     ということで導入編でした。今んとこの問題点を上げときます。


     ・記憶しているパスワード関係は結構再入力が必要。

     ・マウスの戻る・進むボタンを使用するのにKarabinerを使用しているけど、今までの方法ではボタンが効かなくなった。キーボードの仕様が変わってしまったのか?

     ・新しいキーボード、無線ということを感じさせないレスポンスはとてもいいのだが、キーの配置が代わってしまい、オプションキーの左にシフトロックキーが来てとても使いにくい。半角とかかな変換とかやるときに間違えて押しちゃうんだよね…ま、これは慣れの問題だろうからそのうち解決できるだろうけどね

     ・インターネットしてると通信が切断されることが多くて困った。いろいろ調べたらIPv6関係が悪さしているらしく、「システム環境設定」→「ネットワーク」→「Ethenet」の「詳細」ボタンから「TCP/IP」タブの「IPv6の設定」を「リンクローカルのみ」に変更したら頻度が下がった。

     後日速度調査とかやってみようかなと思っております(^^)ちなみにUnityを使用する「ガンダムジオラマフロント2」の起動時間は半端なく速くなりました(^^)

     ほいでは〜(^^)



    20170614_ついにiMac購入!

     2017-06-15
      iMac2017-1.jpeg 2007年に購入し、度重なる改造で凌いできたiMac2007、OSのサポートも切れもうどうしようもない状態になっていたが、先日のWWDCで発表されたiMac2017を購入した!待った甲斐があった。ストレージもFusion Driveになったし、CPUもKabyLakeで最新へ。週末には届く模様だ。BTOでキーボードとマウスをチェンジしたった(^^)さて、どこから発送するのかな〜楽しみだな〜(^^)



    iMac2017-2.png え?は?中国!?そ、そうか、そうだ、日本では作ってないわな(^^;ということで無事に届けば来週には新しいマシンに換装できそうで楽しみでしょうがないですわ(^^)いや〜しかし10年ぶりか、長かったなぁ(^^)




    20160912_無線から有線へ

     2016-09-12
     
    CIMG6618.jpg
    左から)フレッツ光モデム、WN-GDN/R3-C、WN-AC1167GR、NAS。下段はNAS用UPS
     インターネットに接続する機器が増えて、しかも殆どがWi-Fiに対応していることもあり、我が家ではほぼ野放し的にDHCP接続にて機器を増設していた。無線LANルーターはアイオーデータの「WN-AC1167GR」を2台と「WN-GDN/R3-C」の計3台で運用している。「WN-GDN/R3-C」は旧製品のため、主に低速でWI-Fi接続を行うゲーム機等に割り当て、比較的高速な「WN-AC1167GR」をMacやネットワークカメラなどに使用していた。それぞれのルータの最大接続数が8台で計24台のWi-Fi機器をサポートできるはずなんだが、それを上回るWi-Fi機器の量に加えて無計画な接続が仇となり、弊害が発生していた。覚えているだけでも

    ・突然の接続障害
    ・ネットワークカメラの閲覧が出来なくなるか、速度低下
    ・Macのバックアップに時間がかかるor途中で止まる

    などなど。どうにかしないといけないとは思いつつも面倒くさいのでそのまま放置していたけど、いよいよもって行動に移すことにした。まずは家内の接続機器のリストアップから。

    Whos On My Wi-Fi


     「Who's On My WiFi」というMac用のネットワーク機器をリストアップしてくれるアプリケーションを使用して一覧を作成する、このアプリケーション、定期的にネットワーク内を巡回して状態を知らせてくれる。MACアドレスと任意の名称でリストアップしてくれるので固定IPじゃない機器も、今どのIPアドレスで接続しているか一目瞭然だし、初めて接続してきた機器なども分かりやすく教えてくれる。家内LAN内に外部からの進入があったりしても容易に発見することが出来る。MACアドレスをそれぞれで調べる必要があるけど、1回調べとけばあとは世話無しなのでこれはオススメ。
    Who's On My Wi-Fi
      
    ここからダウンロード


     このアプリケーションを導入して分かったのが無線LANルーターの子機の役割。子機の配下のネットワーク機器はそれぞれにIPアドレスが割り当てられているんだが、ネットワーク上には同時に存在しない。子機が都度接続する機器のIPアドレスに変わって接続しているような感じになっているということ。だからこのアプリケーションで見るとめまぐるしくIPが変わる機器があるように見えるんだが、からくりはこういうことだったのだ。どうりで接続機器が見えないはずだ。今回の構築によりこの子機は使用しなくてもよくなったのでとりあえず引退してもらうことに。

     このアプリケーションを軸にネットワークを再構築することにした。条件は以下のとおり

    ・2階にフレッツ光のモデムが来ているので、1階に有線でHUBを追加し、有線接続できる機器は極力有線接続にする。

    ・1,2階に無線LANルーター「WN-AC1167GR」を設置し、電波の入りにくい屋外のネットワークカメラ等にも電波が届くようにする。家族の活動の場所は1階がメインなのでiPhoneやゲーム機のWi-Fiの接続を安定させる目的も兼ねる。

     ということでEthernetケーブルの買い増し、HUBの買い増しを行い、屋内LAN配線を行った。

     ここで必要になるHUBや無線LAN機器は価格を抑えるためにアイオープラザのアウトレットセールで地道に買い集めた。バカみたいな価格で購入できるので重宝しているが、送料が一律950円かかるので50円とか100円で売ってるSDカードとか500円以下のHUBを単体購入するのはちょっとためらわれるので纏め買いするようにしているのと販売スタートと同時にどんどん売り切れて行くので目的のものが買えないのもあって機器をそろえるのに結構時間がかかった(^^;


    CIMG6617.jpg
     フラットのEthenetケーブル(20m)を使用し、2階のモデムから階下の廊下までケーブルを這わせてギガビットHUBへ。

    CIMG6616.jpg
     そのHUBからメインで使用しているiMacへ接続、無線LANルータ「WN-AC1167GR」の2号機を接続。

    CIMG6620.jpg
     さらに居間のネットワーク機器のつながる8ポートHUBと接続。手前のはあまり役に立っていないiremocon。


    CIMG6618.jpg
     モデムに無線LANルータ「WN-AC1167GR」と「WN-GDN/R3-C」、NASを接続。ややこしいので簡単に書くとこうなる。

    20160911_02.png


     結果としてはかなり快適になった。MacのTimeMachine機能やデジカメ類の画像データのNASへのコピーが劇的に早くなったり、ネットワークカメラの接続が切れたりすることも無くなり、Wi-Fi接続数が減少したのもかなり効果が出たようだ。まだまだ通信の快適さを求めるなら無線より有線だなと思った。ま、取り回しの快適さでは無線には負けるんだけどな(^^;


     いかん、無計画に壁付けしたせいで床までACアダプタが届かない(>_<)とりあえず百均でケーブルボックス買ってきてその中に入れたった(^^)ほんとこういうのってセンスが問われるよなぁ(^^;ケーブルはそのうちモールで隠すようにしよう、うん。



    ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
    カウンター 20120923〜

    プロフィール

    東方不敗(豆腐)

    Author:東方不敗(豆腐)
     本家HPはこちら
     携帯版
     スマホ版

     セガ、Apple、石ノ森章太郎をこよなく愛する熊本在住会社員。ガジェットも好き、百均も好き、そんな記事を色々書いております。コメントまでは望みません、読んでいただけたら拍手をクリックしてください。励みになります(^^)スポンサーサイトさんへのクリックも更新の励みになります(^^)ぜひぜひよろしくお願い致します(^^)
     
    ●とびだせどうぶつの森情報
     イヤン村 とうふ村長
     夢番地:3400-0247-4503

    TouhuCity
    TouhuCity/security
    TouhuCity/industry
    TouhuCity/transport
    ↑よろしければどれかクリックしてください、街が育ちます(^^)

    ※このブログでのアプリ等のレビューについては以下の機種での動作確認を行っております。
    iMac 2017
    (メモリ8GB、1TBFusionDrive)
    iPhone6s

    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    ついったー

    最近の記事
    カテゴリー
    最新コメント

    最近のトラックバック