20171218_STAR WARS 最後のジェダイ

     2017-12-19
     
    IMG_6841.jpg
     TOHOシネマズで12月14日に行われた「「スター・ウォーズ最後のジェダイ」プレミアム・ナイト 前夜祭 」に行ってきた。 先行プレミアム上映会に行ったので一般公開よりも1日早い12月14日に観る事ができた。最速上映ということもあり、パンフレットは上映後に販売開始、グッズ類も同時間から発売となかなか別格な扱いなのがさすがSWというところ。今回はシリーズ最長の152分ということでこの前の「ブレードランナー2049」よりは短いが今回もトイレの対策をして上映に挑んだw

    IMG_6831.jpg
     会場には18:30の公開を心待ちにするファンでごった返してた。ここは誰も居ないところを見計らって撮影したが(^^;

    IMG_6832.jpg

    IMG_6833.jpg

    IMG_6834.jpg


    IMG_6830.jpg
     会場にはコスプレの人もいて、みんな一緒に撮影してた(^^)

    IMG_6836.jpg
     今回の特別ドリンクはBB-8とストームトルーパーエクセキューショナーの2種類、俺はストームトルーパーにした。

    IMG_6838.jpg
     さっきのコスプレにーちゃんたちもやってきて着席する。ボバ・フェットの人はバックパックが邪魔で座れなかった模様(^^)





    1978年スターウォーズの公開、当時5歳の俺は親父に連れられて劇場に見に行ったのをなんとなく覚えている。内容自体は当時5歳の子供には理解不能だったと思われるが、その後テレビで何度も放送があったのでそこで焼きついた映像の数々、今も色あせることが無い。そしてエピソードを重ね、この物語がスターウォーズサーガの1章に過ぎないことが分かると、なかなか製作されないエピソード1~3、7~9に思いをはせた。
     エピソード1~3は社会人になってから公開された。それだけでもう何年の年月を重ねているかが容易にわかる。物語っぽく言うと一人の子供が大人になってもまだ完結しない壮大なスケールの物語を肌で感じているのだ。エピソード1〜3で語られるダースベイダーが誕生する秘密、エピソード7から始まる新世代のジェダイの物語、そこで何が起こるのか、エピソード8の幕開けである。

    遠い昔、はるか彼方の銀河系で…



     共和国が壊滅的状態に陥りファーストオーダーが実権を握ろうとしている銀河系、レイア将軍率いるレジスタンスは支援者を失いファーストオーダーの執拗な追跡から逃れるためにポー・ダメロンの乗るXウイングによる単独攻撃をおとりとした爆撃機によるスターデストロイヤーの破壊作戦を多数の犠牲を失いながら遂行する。敵のドレッドノート級スターデストロイヤーの破壊に成功したものの、追跡の手は緩まない。ハイパースペースに逃げ込んだレジスタンスの艦隊は遂にワープ先で追い詰められた。逃げ延びるための作戦を秘密裏に進めるダメロンとフィン、カイロ・レンの執拗な攻撃に重傷を負うレイア将軍、代理として指揮官に就任するホルド提督が指揮を取るが…
     一方、伝説のジェダイマスター、ルーク・スカイウォーカーを迎えにきたレイは協力を断られ説得を続ける。優勢なファーストオーダーでも自身の暗黒面のゆらぎに恐怖するカイロ・レンを巧みに利用するスノーク最高指導者。そして類まれなるフォースの使い手であるレンとレイは意思の疎通を続ける。果たしてこの戦争の行方は…



     ここからネタバレあり。

    20171218_STAR WARS 最後のジェダイ の続きを読む

    スポンサーサイト

    20171102_ブレードランナー2049

     2017-11-03
     
    CIMG7595.jpg
    全くの偶然だが、席もKだった


     ブレードランナーという作品は1982年公開なので当時9歳だったために観てはいない。その頃は「スターウォーズ」や国産のアニメ・特撮等に夢中であり、まだSFのなんたるかとかそういう話とは皆無だった。多分初見は社会人になってからだったと思う。当時購読していた「POPCOM(小学館)」でSF特集が組まれた時に出会ったと記憶する。その際にサイバーパンクもののくくりだったかで、この「ブレードランナー」と「未来世紀ブラジル」が紹介され、強烈な印象を受けその後のSF好きを構築していったような気がする。
     特に「ブレードランナー」はそのストーリーもさることながら、工業デザイナーでもあるシド・ミードの世界観に酔いしれる。陸空兼用の乗用車「スピナー」が特に目に焼きつき、そして退廃した街の風景、この汚れた感じが未来を想像させた。ゲームでも「幻影都市」や「ライズ・オブ・ザ・ドラゴン」等、当作品に影響された世界観のものを好んだりと、同じく好きな「スタートレック」や「スターウォーズ」に代表される見通しの明るい未来感と同時に退廃した未来感に酔いしれ憧れる結果に至った。この世も徐々にこの未来に向かって進んでいる。もうあと何年かすればコピー人間も登場するだろうし、人工知能も発達する。作中に登場する人造人間「レプリカント」ももしかすると登場するかもしれない。そんな今よりちょっと先の2019年を舞台にしたのが前作「ブレードランナー」だった。

     身体能力を強化され、過酷な惑星環境下で作業に従する人造人間「レプリカント」。彼らが密かに人間社会に紛れ込むのを取り締まる選任捜査官「ブレードランナー」のデッカードが主人公だ。その能力ゆえに寿命を4年に設定されながらも刷り込まれた記憶や思考で人間とほぼ変わりないレプリカントは「生きる」ことに執着し、地球にもぐりこむ。しかしそれを阻む人間、同じ姿かたちに加え感情までをも持たされた人造人間の抵抗とさらに進化したレプリカント「レイチェル」に接触するたびに揺らぐデッカード、世界観だけでない心の奥底に問いかけるような全体のテーマが物語を深くさせた。この作品中で永遠のテーマだった「デッカードはレプリカントだったのでは?」という憶測がついに明かされるときがきたのだ。前作より35年、舞台は2049年のロサンゼルスに移し、新たなブレードランナー「K」の秘密が明かされる…

     さらに環境悪化が進む2049年の地球、ロサンゼルスで不要になった旧型のレプリカントを処分する「ブレードランナー」の「K」はあるレプリカントの解任(処刑)に携わった際に地中に埋められた箱を発見する。その箱の中にはレプリカントの白骨が収められ、検査の結果出産のために帝王切開をした形跡があることが分かった。この事実を公にするわけにはいかないLAPD(ロサンゼルス市警察)はKにその子供の解任を命令する。旧タイレル社から全てを引き受けたウォレス社のデータベースにより白骨化したレプリカントの正体はレイチェルと判明、Kはデッカードの行方も追うことになる。タイレル社の倒産により失われてしまったレプリカントの生殖機能の秘密をめぐってウォレス社の資格も暗躍し、物語は急展開を迎える…。

     以下ネタバレ回避(^^)

    20171102_ブレードランナー2049 の続きを読む

    20171004_スタートレック:エンタープライズ サントラCD購入

     2017-10-05
     


    DLTTP3iUMAAGx36.jpg
     義弟の結婚式で曲を選んで欲しいという要望があったので思い出した曲がスタートレック:エンタープライズのOP「Where My Heart Will Take Me」だったのでサントラを購入した。新品で1000円とか安すぎるわな(^^;
     なんでこの曲が頭に浮かんだかというとはるか昔、トレッキーな友人Иが結婚式で使っていたからなんだが、そのイメージが強烈に記憶に焼き付いてて、これしかないと思った(^^;

    DLTVmt8VAAAk0RX.jpg
     光学ドライブのない我が家のiMacに外付けドライブをセットして早速iTunesに取り込む。いいねぇ、なんかこれから大宇宙の大海原を航海する感じがして気持ちがいい(^^)その他の曲も久々に聞いて懐かしくなった。エンタープライズ途中までしか見てないんだよな、見直そうかなぁ…

    DLTWA8mUIAAuj0Q.jpg
     CDを取り出すと出てくるNX-01、格好いいねぇ(^^)

     このCD、エンハンスドCDで、パソコンに入れると映像とかが流れるようになってるんだが、残念ながらMacOSXでは再生できず。ま、曲は聴けたので良しとしよう。でもこんなに安く出ているんなら他の作品のサントラも欲しくなってきたな。

     


    20170928_ブレードランナー ブラックアウト2022

     2017-09-28
     

     やっぱすげぇわ、さすが渡辺監督!こんなに文句が一つも出ないのは初めてじゃないかな(^^)思えば公開まで1ヶ月切っている!ああ、待ち遠しい!観に行く前に前作もう一回観とこうかな(^^)


    映画『ブレードランナー2049』 | オフィシャルサイト | ソニー・ピクチャーズ







    20170925_スタートレック:ディスカバリー

     2017-09-26
     
    STARTREK DISCOVERY 00002
     早速配信された1,2話を見た。TOSよりも前のタイムラインで展開する作品なんだけど、宇宙船や内部はTNGよりも新しいような感じがするのは技術の進歩でしょうがないところなのかなぁ…さすがにLCARSではないものの、3Dホログラフみたいなのも出てるしなんか違和感あるなぁ(^^;

    STARTREK DISCOVERY 00001
     クリンゴンの大艦隊にたった一隻で対峙するUSSシェンジョウ。クリンゴンの目的は100年もの間冷戦状態が続く連邦との戦争なのか?

     感想としてはまだ何とも言えない感じ。物語が動き出すまでに結構時間がかかっているような気がするので、3話以降スピーディな展開を期待したいな〜それか1話完結エピソードも入れて欲しい。ずっと続きものでは息が切れてしまう(^^;

    STARTREK DISCOVERY 00003
     ちなみに字幕には「クリンゴン語」まで用意されており、こんな感じになる(^^;

     この先どんな展開になるのか、毎週月曜日に最新話を配信してくれるのでこれから続けてみようと思う。毎週楽しみだわ(^^)





    ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
    カウンター 20120923〜

    プロフィール

    東方不敗(豆腐)

    Author:東方不敗(豆腐)
     本家HPはこちら
     携帯版
     スマホ版

     セガ、Apple、石ノ森章太郎をこよなく愛する熊本在住会社員。ガジェットも好き、百均も好き、そんな記事を色々書いております。コメントまでは望みません、読んでいただけたら拍手をクリックしてください。励みになります(^^)スポンサーサイトさんへのクリックも更新の励みになります(^^)ぜひぜひよろしくお願い致します(^^)
     
    ●とびだせどうぶつの森情報
     イヤン村 とうふ村長
     夢番地:3400-0247-4503

    TouhuCity
    TouhuCity/security
    TouhuCity/industry
    TouhuCity/transport
    ↑よろしければどれかクリックしてください、街が育ちます(^^)

    ※このブログでのアプリ等のレビューについては以下の機種での動作確認を行っております。
    iMac 2017
    (メモリ8GB、1TBFusionDrive)
    iPhone6s

    カレンダー
    01 | 2018/02 | 03
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 - - -

    ついったー

    最近の記事
    カテゴリー
    最新コメント

    最近のトラックバック